スポンサーリンク

【コラム】台湾に一目ボレ!「台湾の七夕事情:情人節快樂」

台湾にいて驚いたことのひとつに「七夕」がある。
日本でも恋人達のための…という部分があるけど、私の個人的な感覚では台湾ではより一層その感覚が強い。

ちなみに台湾の「七夕」は「情人節」と表記されるんだけど、恋人の日というような意味になる。

日本では旧暦を使用することがほぼないけれど、旧暦を新暦と同じくらい使用する台湾では、カップルでは特に七夕は新暦&旧暦の両方でお祝いする人が多いのだ…。

ある意味いいとこ取りだよね。

さて、強烈な印象与えるデパートの七夕セール。
年末年始のセールと同じくらい大体的に行われるのが特徴。
化粧品やブランド物のバッグなどの商品が目につく。

あれ?男性向けの商品は…?

あまり広告を見かけない。

ここから私が悟ったことは、

女性→男性
ではなく、
男性→女性

がほとんどであることなんだろうな…ということ。

情人節について台湾人に聞いてみたら、

  • (新暦の)七夕も情人節
  • (旧暦の)七夕も情人節
  • バレンタインも情人節
  • ホワイトデーは白色情人節

情人節は年に3回あった!しかも、ホワイトデー以外は男性が女性にプレゼントを贈るのがほとんどなんだって。
女性によってはホワイトデーにももらうとか…?

年3回(人によっては年4回)の情人節(プレゼントをもらう日)ってすごい…。

他の人に聞いてみたら「台湾はイベントだらけだよ」との回答もあり、

  • 付き合って○ヶ月記念日(○年記念日もね)
  • 付き合って100日記念日(他に77日とかイロイロあるらしい)
  • 誕生日
  • 情人節(年3~4回)
  • クリスマス

などなど。

このカウント方法だとほぼ毎月何かしらの記念日があるとのこと。
なんだか大変そう…。

それでも、恋人同士幸せならそれで良しだよね。

まずは新暦の情人節快樂!

\ブログ村ランキングに参加中です/
バナーをポチポチしていただけるとうれしいです!
記得幫我按個讚哦!謝謝!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
台湾生しぼり - にほんブログ村
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ごんざれす

そうだ、台湾に行こう。
思い立ったが吉日、3ヶ月で仕事もやめて貯金を使って念願の留学へ。台湾で出会ったモノやバショは力強くて生きてる!感でいっぱい。夜食を食べながら、まだ日本であまり出回っていないコアな台湾情報を探している2児のママです。

台湾生しぼり

コメントする

※投稿されたコメントは承認後に表示されます。二重投稿にご注意ください。
※メールアドレス、お名前、サイト全て無記入でコメントできます。

みんなの反応

タイトルとURLをコピーしました