甘いマスクのイギリス人が作る甘酸っぱいドーナツ♡台南のレストランでイギリス料理と一緒に楽しんじゃおう!

ごんざれす

そうだ、台湾に行こう。
思い立ったが吉日、3ヶ月で仕事もやめて貯金を使って念願の留学へ。
台湾で出会ったモノやバショは力強くて生きてる!感でいっぱい。
夜食を食べながらコアな台湾情報を探す2児のママです。

台南ではイケメンイギリス人が経営するレストランが人気急上昇中らしいよ!
スーツがすごく似合いそうなイメージのイギリス人の彼。
でも彼が身につけてるのはエプロンとイギリス式ドーナツの入ったかご♡

Alun Arnoldさんは台南に来て10数年。
英語教師としてきたAlun さんは、台南の気候や環境が気に入り、永住することを決意!
永住権をえた後、「亞芙(Artful Dodger)」という名のレストランをオープン。

レストランでは、ハンバーガーやサンドイッチからドーナツまでAlunさんが手作りしてるんだって。
というのも、Alunさんのお母さんがドイツ人で小さな頃からお母さんと一緒にキッチンでドーナツやパンを作ってたんだって。その影響か、Alunさんはパンやドーナツを作るのが好きなんだって。

台湾には中にクリームやジャムなどの餡が入ったドーナツがほとんどなかったこともあり、Alunさんのお母さん直伝レシピでイギリス&ドイツ風の味のドーナツを作ることにしたんだって。

たかだかドーナツといえどパッとできる訳ではなく、その日の天気や湿度などによって発酵時間や分量などを少しずつ変えてるんだって。
Alunさんは「このドーナツの美味しさの秘密は、ふわふわの生地を両面きれいな黄金色に揚げること。でも、真ん中あたりには1本の白い線が入るのがベスト。きれいに揚げたらバニラとミルクをあわせた砂糖をコーティングして、コーティングが固まったらジャムを入れるんだ。ドーナツを作ってお客さんが手にするまで3時間くらいかかるんだ。もちろん機械で作ればもっと早くできるけど、でも手作りじゃなくなっちゃうでしょ?」

普段はもちろん服を来て衛生面に配慮して料理を作ってるAlunさん。
現在ドーナツはフランボワーズジャム入のみなんだそう。

台南旅行のついでに本格的なイギリス料理を食べるのもいいね♪

英倫帥哥做給你吃!台南現炸「包餡甜甜圈」美味有內涵 - 玩咖Playing - 自由電子報
在許多人印象中,英國人總是穿著筆挺西裝,帶著一把雨傘,例如像電影「金牌特務」裡的角色,但這位在台南開餐廳的英國紳士安東,上身只有一件圍裙、拿著一籃「有內涵」的英式甜甜圈,照片上傳粉專讓消費者喊猛男。

みんなのコメント

一言コメント

※投稿されたコメントは承認後に表示されます。
※お名前が無記入の場合「無名の台湾好きさん」になります。

スポンサーリンク