スポンサーリンク

いちから手作り蔥抓餅レシピ♡台湾の味を日本で作ってみよう♡

いちから手作り蔥抓餅レシピ♡台湾の味を日本で作ってみよう♡

台湾の朝ごはんや小吃の定番「蔥抓餅」
コレが日本で買える材料で、家で簡単に作れたら、おつまみにもご飯にもピッタリなのに!
ということで、今回のレシピは蔥抓餅!

スポンサーリンク

蔥抓餅の材料

  • 中力小麦粉   … 150g
  • 塩       … 小さじ1/2
  • 70℃くらいの湯 … 100cc
  • 砂糖      … 5g
  • 胡椒      … 適量
  • 葱       … 適量(緑の部分も食べられる葱がオススメ!もしくは乾燥ネギ)
  • オリーブオイル … 大さじ2~くらい

蔥抓餅の作り方

  1. 中力小麦粉・塩・砂糖をボウルに入れて軽く箸でかき混ぜる(コレで粉類を撹拌するよ)
  2. ①のボウルにぬるま湯を入れて箸でくるくるかき混ぜ、まとまってきたら5~10分ほど手でこねる。
    ベタベタする時は、水分が少し多いので中力小麦粉を少しかけてこねてみる。
    ポロポロときれいにまとまらない時は、粉が少し多いのでお湯を少し足してこねてみる。
    ※どちらも入れすぎないように注意してね!!
    ひとかたまりになり、ちょっと艶が出てきたかもと思ったらベンチタイム!10~30分ほどラップや濡れ布巾などをかけて休ませてね。
  3. ベンチタイムが終わったら、塊を2つに分けてきれいにした作業台・麺棒・生地に打ち粉(分量外)をして長方形っぽく伸ばします。

    大体5mmくらいを目指してね!
  4. ③みたいに伸ばしたらオリーブオイルを塗って、胡椒をフリフリ。
    次に小口切りやみじん切りにしたし葱をパラパラ(写真は葱多め!これだけ乗せるとのちのちの伸ばす工程がちょっと大変になります、おいしいけど!)。
  5. 折りたたんでいきます。
    扇子みたいに蛇腹状にすればいいんだけど、簡単にきれいに蛇腹状にするなら、この方法がおすすめ!

    手前を真ん中あたりに置いたら、

    奥のも真ん中に。
    折りたたんだ表面にオリーブオイルを薄く塗ります。

    また手前を真ん中に、奥を真ん中に。

    表と裏をひっくり返して、また二つ折り。

    こんな感じになるよ♪
  6. 1本の紐状になったら、できるだけぺたんこに、幅1cmくらい×厚みできるだけ薄くになるように手で整えながら伸ばしてね!
    (私は幅1.5cmくらいのところもあったのでざっくりで大丈夫!)
  7. 大体伸ばしたら、端っこからくるくると巻いていきます。

    巻き終わりは真ん中の巻きはじめのあたりに突っ込んで隠してね!

    このあと少し休ませてもいいし、そのまま焼くこともできるよ!
  8. この生地を麺棒で潰すように伸ばします。
    目指せ厚さ5mmくらい!
  9. 伸ばしたら、油(分量外)をしいたフライパンで黄金色になるまで焼くだけ!

    中火で大体2~4分。フライ返しで押し付けながら焼くといいよ!

    ひっくり返すと

蔥抓餅のタレの材料&作り方

  • オイスターソース    … 大さじ2
  • 醤油          … 大さじ1
  • ラー油(もしくはごま油)… 小さじ1~お好みで
    すべての材料を混ぜるだけ!

我が家で愛用しているのは愛之味の麻辣醬!

これ!餃子にもラーメンにもピッタリの食べるラー油として大活躍!
ちなみにこれ1本で麻辣火鍋もできるのでお土産にもおすすめです♡

休日や台湾要素が欲しくてたまらない時に作ってみてね!

コメント

  1. はじめまして。
    台湾旅行でこのネギクレープにハマって、どうにか自宅で作れないか調べていたところ、記事に辿り着きました。
    作り方がとっても分かりやすく、美味しく作れました!
    有難うございます。

    他のレシピも楽しみにしています!

    • 早速作っていただけたなんて…嬉しいです♡
      この蔥抓餅はお店で売っているもののようにたまごやチーズなどアレンジもできるので試してみてくださいね♡
      今後も少しずつ台湾小吃レシピを公開していけるようにがんばりますね!

      ありがとうございます♡

※投稿されたコメントは承認後に表示されます。二重投稿にご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました